2021-Ayur"日刊『所天沢』の"いまからいくよ来るよー!にこにこ日記。☺️フリースタイル貫く天才・ライフハッカー公式ブログ【2022】

シャーマン体質の天界から降りてきた設定で中卒絵描き侍の所沢ゆりなです。『花は無常さらう十字架を抱いて咲いた儚き天使。』~made in ゆりな。🌸~

 

 

 

今日

見た

 

 

から

 

 

大きな

深い

ような

持って。

 

 

私は

怪しい

思って

 

 

あえて

明るく

 

『挨拶』

した。

 

 

その

男は

無視して

 

 

何だ

この

って

感じ

一緒

階段

降りた。

 

 

その後

その

👨は

鍋を

ひっくり

返して

 

 

 

中から

大きな

2本が

出て来た

 

 

捨てた。

 

 

 

やっぱり

なんか

怪しい

思って

 

 

私が

 

 

早く

その場から

引き返

そうと

したら

 

 

 

とある

カップ

通りすがり

 

 

 

 

あの

カレー屋さん

 

 

"「人の

●使ってる

らしぃよ」"

 

 

聞こえ

きた

 

 

 

私は

怖く

って

 

 

 

いつも

通って

いた

 

あの

カレー屋さん

に行った

 

 

 

怖い

けど

後ろ

振り返る

その

男が

 

仁王立ち

 

私を

後ろから

見ていた

 

 

 

私は

ゾクッ

として

ダッシュ

カレー屋さんに

駆け込む。

 

 

すると

いつも

人がいるはずの

カレー屋さんには

誰も居なかった。

 

店主すら

居なかった

 

 

怖い。

 

 

すると

上から

足音がして

階段から

店主らしき

人物が

降りてきた。

 

 

 

いつもの

あの店主

 

 

安堵した

 

 

良かった、

やっと

人に逢えた

 

 

私は

すぐに

店主に

真相を

聞こうと

口を開いた

 

 

 

"「あのっ!

ここの

カレー屋さん

人の●肉

使っている

って

噂が流されて

ますよっ!」"

 

『違います

 

よね

 

!!』

 

 

 

店主は

言った。

 

 

 

 

"あ~

あれか"

 

 

"確かに

東京の

●区の

とある

カレー屋

人の●を

使っている

って噂は

聞いた事

あるよ"

 

 

 

でも、

ここに

雇っている

仕入担当の

人が

どの肉を

使っているかは

店主は

多分知っている

感じじゃなかった

 

 

さっき

すれ違った

👨は

店主の

店の

仕入

担当

らしぃ

 

 

 

 

 

でも、

 

どうして

捨てた

肉が

なんであんなに

 

大きかった?

 

 

どうして、

私を

後ろから

見ていた?

 

 

 

 

 

真相は

闇の中....

 

 

 

 

帰りに

何故か

そこの

気のいい

店主に

家に

送って

もらって

 

 

🚗

 

 

 

タカさんが

流している

かもしれない

 

 

ここの肉

 

 

人間の●

だって

 

 

と言っていた。

 

 

でも、

店主

噂は

だよ

って

感じ

笑み

浮かべて

いた。

 

 

 

家に

ろう

すると

私は

全ての

人間

信じ

られ

なく

なり

 

この人

実は

あの

「●の

関係者

かもしれない

と思って」

 

 

 

軽いPTSD

のような

状態に

陥っていた。

 

 

 

 

そして、

私は

目が

覚めた

 

 

現実

世界

戻って

 

 

 

母が

朝言った

一言

 

 

 

 

 

やっと

 

 

●した!

 

 

 

ハエを

キンチョール

格闘していた

らしぃ